<< 学芸員養成課程の減少状況の比較 | main | 仕事の年報2008年度版 >>

学芸員養成課程の重要用語

0

    JUGEMテーマ:博物館

     博物館や学芸員にとって必須の重要語とは何で、いくつくらい存在するのだろう。

     研究の進展に伴い専門用語や概念語は増加の一方である。その結果、学校教育の現場でも生徒への負担が増加し、とくに生物や歴史はいわゆる暗記科目との偏見が助長される。そこで学会や学術団体では高校教育段階での重要語を絞り込むことを提案している。たとえば、日本学術会議では、「高等学校の生物教育における重要用語の選定について」という報告を2017年9月に提出している。用語の表記のあり方も議論し、英語も対照されている。

    http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170928-1.pdf  833KB

     歴史分野では、高大連携歴史教育研究会が「高校教科書および大学入試における歴史系用語精選の提案(第一次)」を提案。約2000語に精査したものという。

    http://www.kodairen.u-ryukyu.ac.jp/pdf/selection_plan_2017.pdf  1.6MB

     

     学習用語の見直しと選択は、教育内容を支える研究の発達に従い、何十年かに1度は必要な作業である。では、学芸員養成課程での用語選択はどうなのか。Google の検索では「"学芸員養成" "重要用語"」は7件のみ。「"博物館" "重要用語"」だと2200件だがノイズばかり。実際、学芸員養成での重要用語や概念の議論はほとんど聞かない。博物館は多様なので、業界内部でも分野ごとに使い方が違っていたりする。これは混乱のもとだ。たとえば展示と陳列、模造とレプリカ、ジオラマとミニチュア。古い時代の訳語は見直しが必要かも知れない。それから復元と想像復元。想像は格好悪いから想定復元? 復元では著作者や制作者名の表示は必要か、など用語と概念を精査すれば、実際の使用現場における突っ込んだ議論が必要になる言葉もある。展示会社と学芸員では呼び方がずれていることも感じる。展示パネルは展示資料を据え付ける板なのか、図や説明を記した解説板なのか。展示業者は前者で解説板はグラフィックと略す。学芸員は後者の意味で使う、あるいは場面によって同じ語を異なった意味で用いているのではないか。

     教科書としては国際標準のICOMの「Museum Basics」があるが、ここに現れる用語の日本語訳も学会などが公式訳語をリストにするなど標準化が必要のはずだ。すでにあるのだろうか。ウェブサイトでは、重要語を21取り上げて詳しく解説した Key Concepts of Museology が日本語を含む多言語で公開されている。これは2010年の ICOM 上海大会に合わせて出されたもの。自省的な前書き部分が興味深い。

    http://icom.museum/professional-standards/key-concepts-of-museology/

     

    このことは、水嶋英治. 2012. 研究は蓄積と国際的視点に立って―グローバリゼーションとグーグリゼーション―. 日本ミュージアム・マネージメント学会研究紀要, 16: 1–3. で知った。インターネットでのPDFはありがたい。「"博物館" "重要用語"」の検索で一番上に現れる。

     日本の博物館業界でも学会作成の事典がある。しかし、誰が何時どのような状況で使うのかといった使用場面の想定が不足していると感じる。少なくとも学部生を意識した内容ではないように思う。全国大学博物館学講座協議会(全博協)で議論して、現場や学会の意見も聞いて、用語統一と養成課程での絞り込み、していきたいです。

     ちょっと別の話だが、漢字文化圏での表記の統一や標準化もできるなら目指したい目標だろう。たしか、「2009 ICOM-ASPAC 日本会議」あたりで議論されていたと思うが探し出せない。2019年のICOM京都大会のテーマになるのだろうか。こういった思いつきはどのルートで上げれば取り上げてもらえるのだろう? ICOM事務局関係者を知っていれば、直接言えばいいのだろうが、重要メンバーに知り合いがいない人が提案する方法がわからない。ウェブなどで意見募集すればいいのに。だいたい京都大会のウェブサイトは英語版のみ。

    http://icom-kyoto-2019.org/index.html

     個々のページの工事中はしかたないとして、国内の博物館や学芸員に向けて日本語版を早く!

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック